松前半島一周コース3日間の試走会を行ないました

松前半島一周コース3日間の試走会を行ないました

▼ 先日、こちらの記事でお知らせました試走会についてです。

チャリ旅みなみ北海道

松前半島一周コースの試走会を行ないます

北海道の南端である松前半島を、木古内駅を発着点として時計回りに集会するコースを3日間かけてのんびり走ります。

2018年6月15日(金)から17日(日)の3日間にかけて試走会を実施しまたが、好天にも恵まれ無事に終えることができました。

その様子をお伝えします。

▼ ちなみに、コース全体の概要はこちら

チャリ旅みなみ北海道

松前半島一周コース (木古内発着・小回り)

北海道の南端である松前半島を、木古内駅を発着点として時計回りに周回するコースです。

国道などメジャーな道路を普通に走ると約152kmですが、今回の試走会では色々寄り道した結果、約180kmとなっています。それを3日間かけて走るのです。

 

南北海道サイクリングコース試走会レポート

1日目(6月15日) / 木古内駅前~知内町~福島町~松前町 約58km

 

1日目コースの流れ
  1. 朝、木古内駅前をスタート。 (一部参加者は"道南いさりび鉄道"で函館市内から木古内駅まで輪行して集合)
  2. 知内町内の裏道(田園地帯)を走行。
  3. "重内神社"プチヒルクライム。 (頂上は絶景。階段だと約210段分)
  4. "道の駅しりうち"で休憩。(ここから国道228号を走行)
  5. "知内温泉"でガイド付き見学。(北海道最古の温泉)
  6. 1日目の最大ピーク(福島トンネル・約157m)を越え福島町に入る。
  7. "道の駅横綱の里ふくしま"で休憩。
  8. 偉人"伊能忠敬像"を見学。
  9. "白神岬"で記念撮影。(北海道最南端の岬)
  10. "道の駅北前船松前"の"うみ風テラス"で海鮮BBQランチ。
  11. "松前歴史ガイド"と共に蝦夷地や幕末などの歴史をガイドウォーク。
  12. "温泉旅館矢野"にて"藩主料理"ディナー&宿泊。
1日目コースギャラリー

 

2日目(6月16日) / 松前町~上ノ国町~江差町 約72km+α

 

2日目コースの流れ
  1. 朝、"温泉旅館矢野"をスタート。(国道228号 別称"追分ソーランライン"を走行。上ノ国町中心街までアップダウンが続く。途中、高台を通る国道から海沿いの脇道に何度か降りて寄り道。)
  2. (松前町原口地区の)"交流の里づくり館"で休憩。
  3. "道の駅上ノ国もんじゅ"で休憩。
  4. "夷王山"までプチヒルクライム。
  5. "夷王山"および"勝山館跡"をガイド付き見学。
  6. "道の駅上ノ国もんじゅ"で特製弁当ランチ。
  7. 再び海沿いの国道を江差町へ走り、中心街のフットパスコースをサイクリング。
  8. 江差町内の"いにしえ街道"で街歩きガイド。"旧中村家住宅"や"旧檜山爾志郡役所"等を見学。
  9. 江差町繁華街で夕食。
  10. "ホテルニューえさし"で宿泊。
2日目コースギャラリー

 

3日目(6月17日) / 江差町~上ノ国町~木古内駅前 約51km

 

3日目コースの流れ
  1. 朝、"かもめ島"を散策。"開陽丸"などを見学。
  2. 上ノ国町湯ノ岱地区で休憩。
  3. 3日目の最大ピーク(新吉堀トンネル・約150m)を越え、木古内町に入る。
  4. "木古内町郷土資料館 いかりん館"でガイド付き見学。
  5. 木古内駅前の"道の駅みそぎの郷きこない"でゴール。道の駅内のレストラン"どうなんde's"でランチ後に解散。
3日目コースギャラリー

 

試走会を終えて

健脚のサイクリストならば1日で走破できるコースを、今回は3日間もかけて走りました。

時間をかけたことにより、通常ならば通過してしまう景色はもちろん、立ち寄った各地でそれぞれの歴史や文化に触れて楽しむという、知的好奇心も満たせるサイクリングアクティビティとなりました。

そして、今回試走して得た知見や課題点を洗い出し、ひとつずつ課題解決を行なうことで、今秋に予定している一般公募型のサイクリングツアーにおいて、お客様に心置きなく楽しんでもらえるように準備を進めていきます。